映画『東京無国籍少女』ストーリー 彼女から何かが欠けている

「ソウ」「シックスセンス」「アイデンティティー」衝撃のラストを描く名作の系譜に「東京無国籍少女」が新たに名を刻む女子美術高等専門学校。傷ついた天才特別扱いされる彼女に嫉妬する同級達彼女を利用しようとする学校と、彼女が疎ましい担任教師心やすまる場所のない学校生活の中、彼女は、ひたすら創作に没頭する群発する地震。響く大量の鳥の羽音。流れ続けるクラシック音楽ここは何かがおかしい。

「なぜ、ここにいる?」このラスト 予想できても、想像できない