• 清野菜名

    学校が海外に留学させるなど天才ともて囃された特待生だったが、心身ともに傷を負った事故の影響で、不眠をなり授業もドロップアウトするようになる。 それでも学校の経営陣からは特別扱いされ黙認されるため、学校中から嫉妬の対象となる。

    <プロフィール>2007年、雑誌「ピチレモン」の専属モデルとしてデビュー。園子温監督作品「TOKYO TRIBE」(14)でヒロインに抜擢され注目を集める。
    押井守監督最新作の本作で初主演を飾るなど、世界的な映画監督に立て続けに起用される。主な出演作に、ドラマ「素敵な選TAXI」(14)、ドラマ「ウロボロス〜この愛こそ、正義。」(15)など。Back number☓行定勲監督 短編映画「世田谷ラブストーリー」では、新たな魅力的な一面を披露。
    4/13スタートのTX「LOVE理論」ではヒロイン・桐谷玲子役を演じる。

  • 藍を目の敵にする 担任教師役 金子ノブアキ

    藍の学級担任。事故の影響で授業をドロップアウトするにも関わらず、
    特別扱いされる藍に対して苛立ちを感じ、彼女に対し攻撃的になる。

    <プロフィール>97年にRIZEを結成、00年にメジャーデビューを果たす。ドラマーとして活躍するほか、数多くのアーティストの作品やツアーに参加。俳優としては、映画「クローズZEROⅡ」(09/三池崇史)で注目を集める。主な出演作に、NHK連続テレビ小説「おひさま」(11)、NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」(14)、映画「白ゆき姫殺人事件」(14/中村義洋)、映画「新宿スワン」(15/園子温)

  • 藍のカウンセリングをする 保健医役 りりィ

    眠ることができず情緒不安定な藍のカウンセリングを行う。
    藍を見るその目は、診察というより観察。

    <プロフィール>72年アルバム「たまねぎ」で歌手デビュー。74年にシングル「私は泣いています」が大ヒット、一躍時の人に。女優としても『夏の妹』(大島渚監督)、『処刑遊戯』(村川透監督)等に出演。その後97年より本格的に女優活動を開始、映画・テレビにと幅広く活躍。主演を務めた『パークアンドラブホテル』(熊坂出監督)が第58回ベルリン国際映画最優秀新人賞作品に選出された。近年も、映画『ぶどうのなみだ』(三島有紀子監督)、『エイプリルフールズ』(石川淳一監督)、TBS日曜劇場『半沢直樹』、CX『昼顔』等、話題作への出演が続いている。公開待機作に『GONINサーガ』(石井隆監督)、『FOUJITA』(小栗康平監督)などがある。

  • 藍を広告塔として利用するために校内での治療にこだわる 校長 本田博太郎

    学校の広告塔として、かつて天才と持て囃された藍を利用するために入院をさせず、校内での彼女の治療にこだわる。

    <プロフィール>>蜷川幸雄演出の舞台「近松心中物語」「ロミオとジュリエット」で、1979年度ゴールデンアロー演劇部門新人賞を受賞。近年は、『カミュなんて知らない』『それでもボクはやってない』『桜田門外ノ変』『藁の楯』等の映画をはじめ、各方面で活躍中。TVでは、現代劇はもちろん「雲霧仁左衛門」「剣客商売」「鬼平犯科帳」大河ドラマ「龍馬伝」、「花燃ゆ」等、時代劇への出演も多い。その熟練した演技には定評があり、日本を代表するバイプレイヤーの一人である。

  • 特別扱いされる藍に嫉妬する同級生 沙羅役[田中日奈子]

    <プロフィール> 新潮社「nicola」元専属モデル(2014年3月で卒業)。第14回ニコラモデルグランプリ。2014年放送のCX「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」で演じた、女子高生の後藤まなみ役で注目され話題となる。舞台「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生THE STAGE」、TVCM「第一生命 安心の絆」、NHK高校講座「地理」アシスタントMCなど幅広いジャンルで活躍。

    特別扱いされる藍に嫉妬する同級生 優里役[吉永アユリ]

    <プロフィール> TXドラマ「鈴木先生」(11)、映画「鈴木先生」(13)、NHK BS「だから荒野」(15)に出演。2013年イメージガールを務めた「河合塾」のCMが話題になり注目される。中島哲也監督作品「渇き。」(14)、「告白」(10)に出演。他の主な出演作に、ネスレスペシャルムービー古厩智之監督作品「ふたりのきっと」(14)、blend note「become like you」、ウミネコサウンズ「まぶた」のPVがある。

    特別扱いされる藍に嫉妬する同級生 莉奈役[花影香音]

    <プロフィール> 「仮面ライダー鎧武」レギュラー出演、沖縄国際映画祭出展作品の映画「ソフテン!」主演等の女優業をはじめ、KIRIN Mets 「登場篇」「走る女子高生篇」、イオン ゆかた2015「なつ古典」、オンラインRPG「黒い砂漠」、イオン イオンの水 着「MIZUGI 2015」等のCM出演、「めざましテレビ」イマドキガール(2013~2014年)、ダンスボーカルユニット「Lucky Color’s」としての活動等、幅広く活躍している。

  • 監督・脚本 押井守

    <プロフィール>東京学芸大学教育学部卒業後、タツノコプロダクションに入社、テレビアニメ「一発貫太くん」(77)で演出家デビュー。
    その後、スタジオぴえろに移籍し、「うる星やつら」ほか、数々の作品に参加。同シリーズの劇場版『うる星やつら オンリー・ユー』(83)で初監督を務め、劇場版『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』(84)を手がけた後フリーとなる。
    その後、OVA・TVアニメシリーズ『機動警察パトレイバー』に監督・脚本として参加し、同作の『劇場版 機動警察パトレイバー』(89)およびその続編『機動警察パトレイバー2 the Movie』(93)を監督。日米英で同時公開された劇場版アニメ『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』(95)はジェームズ・キャメロン監督やウォシャウスキー兄弟ほか海外の著名監督に大きな影響を与えた。また、『イノセンス』(04)は日本のアニメーション作品として初めてカンヌ国際映画祭コンペ部門に正式出品。『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』(08)はヴェネチア国際映画祭コンペティション部門に出品されるなど日本を代表する映画監督として海外からも大きな注目を集めている。多数の実写映画作品にも意欲的に挑戦を続けており、本年は「THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦」の公開も控えている。