Categories
パンチコとスロット

藤岡市のパチンコとスロットマシン

毎年、日本のパチンコ・スロットマシン産業がラスベガスの30倍の収益を上げていることはご存知ですか?日本では、パチンコが大人気なのです。パチンコとパチスロは、毎日長時間プレイを続ける数千人のプレイヤーがいて、独自の帝国を築いています。藤岡市内では、様々なパーラーにパチンコマシンがあります。パチンコは、設置している店のオーナーにとっては通常の売上以上に多くの利益をもたらしてくれるゲームです。藤岡市のある地域では、ほぼすべてのお店でパチンコやパチスロをプレイし、勝てば景品を入手することができます。

パチンコは、ヨーロッパのウォールゲームから着想を得て、1920年代に子供用のゲームとして登場しました。名前は、マシンの壁に当たって跳ね返る玉の音が由来になっています。正村竹一が大人向けにパチンコを再考案し、複雑な釘の配置で難しいゲームになりました。これが、高得点を目指してプレイする人気のアーケードゲームになりました。まもなくパチンコは大人のためのギャンブルになり、依存症になって何日も何時間もプレイし続けるプレイヤーが現れました。風適法23条でギャンブルが禁止されてからは、玉が適切な場所に入るとさらに多くの玉が獲得できるシステムに作り変えられました。プレイヤーは獲得した玉を交換所に持っていき、同等の価値のある景品と引き換えることができます。

プレイ方法

プレイ方法

直感的に理解できるのがパチンコです。カウンターまたは機械から直接金属の玉を購入したら、後はマシンのレバーを引っ張るだけです。そうすると玉が1つずつ打ち出されていきます。運良く玉が正しい穴に入ればより多くの玉が獲得でき、一定量貯めると交換所で景品と引き換えることができます。

プレイ中は飲食物を自由に注文することができ、他のプレイヤーに迷惑をかけさえしなければ何時間でもプレイを続けることができます。

パチンコをプレイする際のアドバイス

賞金が出るわけではないとはいえ、パチンコがギャンブルであることは自明のため、18歳以上でなければプレイできません。

パチンコは熱中して時間や他のことを忘れがちなので、店舗に子供を連れて行ったり貴重品を持っていったりするのはやめましょう。

玉を店舗外に持ち出してはいけません。プレイし終わったら、カウンターに行っておもちゃや食事、ワインなどと引き換えてもらいましょう。

パチンコをプレイする際のアドバイス

マシンのハッキングや破壊行為はいかなる方法であっても行ってはいけません。そのよう行為が発見された場合、その店舗のみならず周辺の店舗からも永久に入店禁止になる可能性があります。

他のプレイヤーを不快にさせるような行為は避け、ツキがない時でも落ち着いて、マシンを叩いたりするのはやめましょう。プレイ前、およびプレイ中の飲酒は避けましょう。お酒を飲むなら、大儲けして店を出てからにしてください。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *